SSブログ

楽天モバイルの行方 [モバイル]

スポンサードリンク



fig-17-12-2017_13-34-09.jpg

総務省が楽天モバイルを指導 「確実な基地局整備」「早めのサービス発表」を要請 - ITmedia Mobile

第4のモバイル通信キャリアとして名乗りを上げた楽天モバイルは、2019年10月より本サービスを開始する約束で、免許をもらっているが、どうやら基地局整備などが遅れているらしく、総務省から指導が入ったりして、どうなっているのか心配していた。

速報:楽天モバイル、「携帯キャリア参入」当初は限定サービス、データ・通話使い放題 - Engadget 日本版

2019年9月6日(金)に、ようやく楽天モバイルから発表があり、10月1日に開始する自前設備での携帯キャリアサービスが2020年3月までは、利用者を限定した「無料サポートプログラム」となり、本サービスの開始は2019年4月に延期されることになったようだ。

プレサービスは当初5000名を目処に募集し、応募できるのは、サービスエリアである東京23区、大阪市、名古屋市、神戸市に在住する人で18歳以上で、新規契約・MNPのユーザーが対象となる。

2020年3月までは国内通話、データ通信、SMS、国際通話、国際ローミングを無制限で利用可能ということだったので、期待したのですが、神奈川県在住の私は、応募できないのか。残念だな。

楽天がカバーしていない全国エリアについては、KDDI(au)の通信サービスをローミングで提供するので、独自網のエリア外に住む人間だと、KDDIへの支払いばかりが増えてしまうため、まずは契約できるエリアを絞ったということなのだろう。

楽天モバイルの独自網の特徴としては、

・規格上の最大速度は受信時最大400Mbps
・遅延は20~30msに抑えられる
・「縛りなし」で解約金や契約期間の設定を行わない
・全機種SIMロックフリーとなる
・楽天の新サービスで新たなコミュニケーションサービス「Link」に対応

といった点を明らかにしている。

ただ、おそらく、今後も当面、独自網の整備されたエリアの在住者に限って、契約できる形になるだろうから、たとえサービスがよかったとしても、私のような郊外に住む人間が契約できるようになるのは、まだまだ先の話になりそうだな。

関連記事:
楽天モバイルの料金プランが攻めているな:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。