SSブログ

Fujisawa SST:発表会の申込書が届いた [住宅]

スポンサードリンク



IMG_20131026_180020.jpg

ファインコートFujisawa SST|新築一戸建ての【三井の住まい:三井不動産レジデンシャル】

藤沢サスティナブルスマートタウンの戸建て分譲の情報については、前回、パナホームの資料が届いたことを書いたが、もう一つの三井不動産レジデンシャルの方も、ようやく資料が手に入った。
私の方の資料請求が上手く通っていなかったみたいで、再度申し込んだら、A4、4ページの簡単な資料がすぐに届き、続いて、10月下旬には、詳しい第2段資料が届いた。

資料には、完全予約制のプロジェクト発表会第1部の説明と申込書が同封されていたので、とりあえず、予約を第3候補の日程まで書いて送った。
11月末以降の先の話なので、当選し、日程が合えば行こうと思う。

なお、資料によれば、来年1月中旬には発表会第2部を開催し、来春には入居可能になるらしい。
キツい日程に見えるが、子供の転校のこともあるから、3月までに入居可能にするという日程は、変えられないんだろうな。

IMG_20131104_112544.jpg

一方、パナホームからも、数日遅れて、プロジェクト事前説明会の開催案内と、第2弾資料が届いた。
説明会は三井不動産と同じ日時なのだが、名称や開催場所が違うようなので、それぞれ別に行われるらしい。
両方同時には出られないようなので、とりあえず、行ける日程で、なるべく重ならないよう、三井不動産とは優先順位を変えて申し込んでおいた。

パナホームの第2回資料は、具体的な物件情報ではなくタウンの概要説明のみで、目新しい情報はなし。
ただこの資料によれば、第1期建売分譲販売開始は、2014年2月上旬になるとのことだ。
また、パナホームの会員向けWebサイトについては、物件情報は変わりないが、定期的な写真入りニュースの配信が始まっていたな。

さて、報道によれば、すでに1,000件の問い合わせがあるそうだが、まだ価格も発表されていないので、本気の人がどれだけいるのかは不明。
それに、2月上旬に販売開始という日程で、4月までに入居できる人って、どれだけいるのだろう?
今住んでいる家を売却しないと買えない人とか、そうでなくても、公的ローンを借りたい人とか、絶対に間に合わない日程だと思うけどな。
実際のところ、買うのは、即金で買えるお金持ちだけじゃないのだろうか?

新たに「バーチャル・ゲーティッドタウン」などの高い管理費という障壁も見えてきたし、これだけ敷居が高くても、この景気がまだまだだいいとは言えない状況で、第1期販売がもし即完売するとしたら、凄いことだろうな。

藤沢サスティナブル・スマートタウン その20|湘南オヤジのブログ

ちなみに、湘南オヤジさんのブログでも、新しい現地写真がアップされていたので、ご紹介しておきます。

関連記事:
Fujisawa SST:タウンサービスが発表に:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました