SSブログ

モバイルノートの買い替えの結末 [タブレット端末]

スポンサードリンク



泊まりの出張時に、車中やホテルで使うために買ったモバイルノートパソコン「東芝 dynabook RX3 TM240E/3HD」の液晶画面が割れてしまい、代わりのパソコンの購入が必要になったので、秋葉原のじゃんぱら、イオシス、ソフマップなどの主要な中古ショップを見て回ってみた。

3万円程度でも、前回説明した希望のスペックに近いモバイルノートパソコンは、レボノ、NEC、富士通、東芝など、たくさんあることが判明。
その中でも、これまで使ってきた東芝のdynabook RX3の中古が、コストパフォーマンスがいいことも改めて認識した。
ただし、価格は3万円台中盤からと、やや高めだった。
OSなしのジャンクみたいな中古を探して、今あるHDDを移植できないかとも思ったが、そんな都合のいいモノは見つからず。
それ以外の機種も、どれも一長一短で決定打がなく、しかも、面白みがない。

そんな中、ふと目を引いた製品が、こちらの外付けドッグ付きのWindowsタブレット。

428802914.jpg

ノートパソコン - ASUS TransBook T100TA - ASUS

店頭やオークションには、T100TA-DK32Gという旧モデルのローエンド機種が多く並んでいて、CPUは、比較的新しいAtomのクアッドコアで、Core i3程度の性能らしいので、性能的には許容範囲。
画面は、WXGA解像度の10.1インチで、タブレット部分の重さも550gと平凡だが、一体化してノートパソコンとしても使えて、切り離せば10インチのタブレットとしても使えるのは、なかなか面白い。
タブレットと一体化できるキーボードドックは、キーボードのタッチが非常によく気に入った。タッチパッドの方の感触は、最近はやりのボタン一体型パッドで、感触がいまいちだが。

実際、ググると、ASUSにしてはよく売れ、品切れを起こすほどだったみたいだ。

タブレット側のmicroUSB端子は、OTGでUSBデバイスを繋ぐことができる上に、キーボードドック側にも、標準サイズのUSB3.0の端子が付いており、パソコン用のマウスなどをそのまま繋げられるのもいい。
付属のACアダプタは、タブレット側のmicroUSB端子で充電するため、どこでも充電できて便利ではあるが、付属のACアダプタによる充電時間はやや長めだ。
バッテリーの持ちは15時間以上とあり、実際にも、余裕で丸1日持つらしく、その点ではネットでも評価が高い。

microHDMI端子や、マイク、ステレオスピーカー、126万画素フロントカメラ、IEEE802.11a/b/g/n対応の無線LAN、Bluetooth4.0に、GPS、電子コンパス、加速度センサ、ジャイロスコープなども内蔵し、パソコンとして見ても、タブレットとしても過不足ないスペックなのもいい。

ただ、OSはWindows 8.1で、RAMが2GBで内蔵ストレージが32GB+microSDカードスロットというスペックが問題。
Windows 8.1で、内蔵ストレージ32GBは、Windows Updateのワークエリアを常時確保するとなると、ほとんどユーザが使えるエリアはないと聞いており、microSDをフルに使わないと、実用性は厳しい。
HD動画をコピーして見る、みたいな使い方には、厳しいスペックだろう。

価格は、中古で3万円前後からあるが、ストレージ容量の弱点を考えると、もっと古い中古ノートの方が、私にはいいと思える。

KIMG0319.JPG

そんな中に、T100TA-DK564Gという上位機種の中古も発見。

こちらだと、内蔵ストレージが64GBにアップする上に、キーボードドック側にも500GBのHDDを内蔵し、ストレージ不足の問題は解消。HDD内蔵でも、ドック込み重量は1.13kgと十分軽量だ。
価格もその分高く、中古でも4万円以上するのが普通なのだが、一つだけ、税込み29,800円という中古を発見。
傷や塗装ハゲがあるとのことで安いようだが、現物を見せてもらったところ、タブレットの角にある塗装ハゲの傷が目立つ以外は、気になる傷はない。その塗装ハゲも、本体色がグレーのせいで、よく見ないと気付かない程度だった。
ぶつけて出来た傷に見えるが、タブレット側にHDDは内蔵していないので、画面さえ正常であれば、内部的に障害はないだろう。

29,800円というと、元々の目標予算内だし、普通ならローエンドのT100TA-DK32Gの中古価格であり、相対的にかなり割安なのは間違いない。
古いノートパソコンでも、目標スペックに近い機種だと同等の価格はする。
この機種で、スペック的に満たしていないのは、イーサネット端子がないことと、USBが2端子であることぐらいで、出張用途では、使いこなしでカバーできる範囲だろう。

一方で、気に入ったのは、B5サイズでコンパクトなのに、キーピッチも十分広くて、東芝よりもキーストロークが深く、キーボード自体が物凄く打ちやすいこと。これなら、車中などでブログの文章を打ち込むのもサクサク捗りそう。
その一方で、タブレットに分離して使えるので、電車で立っていても、手に持ってWindowsソフトを使えるのも、新鮮味がある。
そもそも、最近値段も下がり人気が出てきたWindows8.1タブレットをまだ持っていなかったので、そろそろ使ってみたいという気持ちもあった。

ASUSというと、故障の際のサポートなどはあまり評判がよくないが、それは国産メーカーでも中古を買ったら同じ。
そこで、今回は、新しい使い方ができそうな、ASUS TransBook T100TA-DK564Gという機種を購入することにした。
詳しい感想はまた改めて。

関連記事:
「東芝 dynabook RX3 TM240E/3HD」の液晶が割れた:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。