SSブログ

ゲームコンソール「SHIELD」が発表に [ゲーム機]

スポンサードリンク



SHIELD.jpg

Android TV端末「Nexus Player」国内発売 - ITmedia ニュース

Razer、Android TVを搭載したコンテンツ視聴デバイス「Razer Forge TV」 | マイナビニュース

Android TV搭載「Nexus Player」が日本で発売され、同価格帯でスペックは上回る「Razer Forge TV」も発売が期待される状況で、NVIDIAから第三のAndroid TV「SHIELD」が発表された。

NVIDIA、Tegra X1搭載ゲームコンソール「SHIELD」を初披露 - GAME Watch

NVIDIAというと、最初はスマホ、タブレットをターゲットにシステムLSIを開発してきたが、見事に失敗し、今は、車載向けと、このようなゲーム機市場にフォーカスしているようだ。

NVIDIAは、2013年に、携帯ゲーム機「SHIELD Portable」、2014年にはタブレット型ゲーム機「SHIELD Tablet」を発売してきたが、今回は、テレビとHDMIで接続する、PS4やXbox Oneと対抗するような据置タイプのゲーム機だ。

システムLSIは、発表されたばかりの「Tegra X1」を搭載し、価格は、本体+SHIELDコントローラー1個で、199ドルとなるらしい。

CPUは8コアのCortex-A57/A53で、GPUもかなり強力なので、PS4やXbox Oneと同等までは行かないらしいが、それらの大半のゲームを移植するには遜色ない性能はあるらしい。

それでいて、モバイル向けにも考えられて作られたLSIだから、消費電力の少なさは、PS4やXbox Oneは勝負にならないはず。それは、ファン騒音の小ささにも結びつくだろう。

AV機能に目を向けても、4K/60fpsのH.265/HEVCのデコードができるらしく、HDMIで4Kテレビ/モニターを接続すれば、4Kコンテンツを60fpsで視聴できる。
この点は、PS4/Xbox Oneに先駆けて実現している。

日本での発売は未定だが、予想価格的には、24,800円ぐらいか。PS4やXbox Oneより、かなり安いので、ゲームのラインナップが負けないなら、有力な対抗馬になりそうだ。

これまでAndroid TVについては、主に動画視聴端末として注目し、対応サービスが少ないだの、ストレージが少ないだの、色々文句を言ってきたが、ここまで出てきたSTBを見ると、Android TVのメインターゲットは、どちらかというとゲームなのかな、という気がしてきた。

それならそれで別の競争力はあり、脅威を感じるのは、むしろ任天堂であり、PS4やXbox Oneなのかもしれない。

ということで、ソフトバンクからタダでもらった人がヤフオクに出品している「Nexus Player」を見て、買おうかな?と考えていたが、その気持ちはなくなった。
ゲーム機はもう要らないし、AV関係のアプリも続々出てくる雰囲気ではない。

それに、オープンプラットフォームの製品だけに、ほかにも「Android TV」搭載製品は出てきそうだし、もうちょっと様子を見てから、買うかどうかを考えよう。

関連記事:
「Nexus Player」が日本で発売開始:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
久々にゲーム機の話題「Forge TV」と「OSVR」:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。