So-net無料ブログ作成

AV1コーデックってそんなに凄いのか!? [AV機器]


スポンサードリンク





H.265/HEVC特許暗黒時代 - Qiita

最新の動画コーデックというと、H.265/HEVCが有名で、世界中の技術者が英知を集めて作っただけに、圧縮率が高く、特に、4K/HDRの映像配信などでよく使われているのだが、H.265/HEVCコーデックを使用したければ、少なくとも4つの特許プール・企業と個別に契約し、それぞれに対して特許使用料を支払う必要があるそうで、大変面倒な技術となっているらしい。

そこで、最近、ロイヤリティフリーで使えるという「AV1」という動画コーデックが注目されているみたい。

av1-logo-678_678x452.png

AV1コーデックの圧縮率がすごい?H.264もHEVCもVP9も不要に?

AV1は、Googleの策定したロイヤリティーフリーのコーデックVP9をベースに、圧縮効率を高めたものらしく、AV1の圧縮効率はH.265/HEVCよりも高いという。

それでいて、ロイヤリティーフリーで使えるということから、すでにGoogle、Apple、Amazon、Microsoft、Netflix、Hulu、Nvidiaなどの主要企業が支持を表明しているそうだ。

Firefox 67には次世代コーデック「AV1」の世界最速デコーダーが採用されている - GIGAZINE

Windows 10で「AV1」動画を再生可能にするメディア拡張機能「AV1 Video Extension」【レビュー】 - 窓の杜

最近でも、Windows 10やFirefoxにAV1コーデックが組み込まれたりと、積極的に採用する動きが目につく。

ただ、Googleが、VP9を発表した時も、H.264/AVCとそん色ない画質だと言っていたが、そのGoogleが公開したサンプルを見る限り、明らかにH.264/AVCより画質が劣っていたことがあり、AV1に関しても、簡単にGoogleの言うことを信用できない自分がいる。

実は詳しい説明を読んでいると、

AV1はアルゴリズムの煩雑化を避けつつ圧縮効率を上げる最先端のコーデックを目指しており、性能上での目標としてHEVCおよびVP9に対し約50%の効率上昇を掲げている。2016年6月現在、PSNR-HVS-Mによる比較で既にHEVCに肉薄する性能を持つことが確認されている。

とあり、なーんだ、目標は1.5倍だけど、現時点では、H.265/HEVCより圧縮効率は悪いんじゃねーか。

H.265/HEVCだって、今後も画質が向上しないと思ったら大間違い。
事前処理で画像のパターンを認識し、それに基づきエンコードのツールやパラメータを最適化して切り替えることで、まだまだ画質向上の余地があり、AV1が今追いかけているレベルに、H.265/HEVCエンコーダーの画質がとどまっている保証はどこにもないのだ。

AOMedia Video 1 - Wikipedia

AV1は、2015年に設立された非営利のコンソーシアムであるAlliance for Open Media (AOMedia) が策定したもので、主にGoogleのVP9に基づき、DaalaとThorとVP10の技術を組み込んで開発されたという。

ただ、目標だという、「HEVCおよびVP9に対し約50%の効率上昇」という高い目標が、何によって実現できるのかはよく見えない。

その意味では、自分は、AV1に対して、まだ何も信用していないんだよな。

ただ、このようなコーデックが登場することで、H.265/HEVCのライセンス契約を、シンプルに一本化しよう、という動きも出てきそうなので、その意味で意義はあるかと思うけどね。

H.265/HEVCの牙城を切り崩すのはそう簡単ではないと思うけどな。

関連記事:
4kのネット配信の動向:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ps://www.blogmura.com/">ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

<スポンサードリンク


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。