SSブログ

中華Android TV Box「EVPAD 5S」を開梱 [ネット家電]

スポンサードリンク



IMG_20200914_190834.jpg

ハードオフで見つけて、衝動買いしてしまった中国製のAndroid TV Box「EVPAD 5S」を、早速開梱してみた。

IMG_20200914_191022.jpg

中に入っていたのは、本体の他は、ACアダプタ、HDMIケーブル、リモコン、英語と中国語のマニュアル。ほとんど使用感のない綺麗な中古だ。

ACアダプタは、アダプタ本体に、使う国に応じ、タイプC(中国)とタイプA(日米)の電源プラグアダプタを装着して使う。
ACアダプタ本体の給電端子はUSBだが、「EVPAD 5S」の電源端子は丸型コネクタで、これを繋ぐケーブルが付属している。

IMG_20200914_191247.jpg

リモコンは、前方に赤外線発光部らしきものがあり、赤外線リモコンだろうと思ったのだが、電池を入れようと、裏ブタを外したら、中から小さなUSBドングルが出てきた。

となると、おそらく「EVPAD 5S」本体に挿して、リモコン本体とワイヤレスで通信するタイプなのだろうか。頭が混乱するな。
まあ、ドングルとリモコンの通信は独自プロトコルなのか、Bluetoothなのかは、この時点ではまだ分からない。

一方、英語のマニュアルを見ると、リモコン上部にテレビ用の電源や音量、チャンネルアップダウンのボタンがあり、どうやらそのボタンにテレビの赤外線信号を学習して、テレビの操作に使えるみたいだ。

すなわち、このリモコン、赤外線と無線(Bluetooth?)の両用ということになり、案外お金がかかっているようだ。
電池は、単4電池が2本。電池の持ちなどは、追ってチェックしたい。


IMG_20200914_205356.jpg

さて、「EVPAD 5S」本体もチェックしてゆこう。本体は、約10cm角の正方形で、コンパクト。
正面には、電源を入れると時計や状態アイコンが表示される表示管があり、その左脇には、赤外線の受光部らしきデバイスが見える。
だとすると、やっぱり、付属のリモコンは赤外線リモコンなんだろうか? ますます訳が分からない。

IMG_20200914_191342.jpg

右側面には何もなく、左側面には、2個のUSB端子と、TFカード(microSDカード)スロットが並ぶ。

USB端子は、青い方がUSB 3.0らしく、黒い方はUSB 2.0らしい。
だとすると、リモコンについていたUSBドングルは、黒い方のUSB端子に挿した方がよさそう。取りあせず、ここにドングルは挿しておくことにした。

IFカードスロットは、いわゆるmicroSDカードスロットで、扱いやすいプッシュロック式で、以外にも細かいところにお金を掛けている。

IMG_20200914_191329.jpg

裏面には、丸型の電源端子、IR(赤外線?)と書かれたミニジャック、LAN端子、HDMI出力端子、SPDIFの光音声出力端子、ミニジャックのAV端子がずらりと並ぶ。

このうち、IR端子とAV端子は、そこに繋ぐデバイスやケーブルも用意されておらず、仕様も記載されていないので、何にどうやって使う端子なのかは不明。

LAN端子は、しっかりギガビットEthernet対応。

HDMIは、2.0規格で、4K/HDR出力に対応するが、著作権保護のHDCP規格に対応しているかは、記載がなく不明。
HDCPに対応していないと、NETFLIXなどの有料コンテンツ配信アプリは使えない可能性があるが、これについては、まだ後日検証したい。

本体のスペックもチェックしておこう。

OSは、Android 7.1.2で、若干古いのは気になるところ。だいぶ前の商品なのだろうか。
あるいは、AndroidのホームメニューのUIを、テレビ向けに独自にカスタマイズしている関係もあり、あまりOSのバージョンを変えられないのかもしれない。

SoCは、Allwinner H6だそうで、クアッドコアの1.8GHz動作というから、スマホで言えばローエンドクラス。
ただ、4K/HDRのH.264/H.265コーデックのハードウェアデコード(60FPS)に対応しているから、動画再生に関しては、問題はないだろう。

RAMは2GBで、内部ストレージ16GBで、若干少なめ。ただ、この商品の販売サイトを覗くと、RAMが3GB、内部ストレージ32GBのモデルも用意されており、買った人がたまたま容量の少ないモデルを買っただけみたい。

実際のところ、動画を見るだけなら、複数のアプリを同時に立ち上げて使うこともないだろうし、インストールするアプリも動画関連に限られるし、動画のデータをローカルに起きたいなら、USBメモリやmicroSDカードが使える。

おそらくこの容量でも困ることはないだろうと思う。

Bluetooth 4.0も内蔵し、Bluetoothリモコン、キーボードなども使えるようだ。

さすがに、GPSなどのセンサーは内蔵していないため、位置情報をチェックして、地域限定を掛けている動画配信などのアプリがあれば、使えないかもしれないな。

それ以外は、手抜きと思える仕様はほとんどかなく、通常3,000円台で買える中華Android TV Boxとは、細かな造りのよさは明白だ。
元々2万円前後で売られていたものらしい、というのは、高いとは思うが、若干分かる気がした。

さて、スペックを説明するだけで長くなったので、実際に電源を入れてみての感想は、また後日。

関連記事:
中華Android TV Boxをうっかり買ってしまった:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
中華Android TV Box「EVPAD 5S」のセットアップ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

EVPAD S3
価格:15000円(税込、送料無料) (2020/9/22時点)



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。