SSブログ

新型シエンタの売れ行きについて [乗り物]

スポンサードリンク



001_l.jpg

シエンタが爆売れ!10月の新車販売台数、第2位に「トヨタ・シエンタ」が急上昇。トップ10のうち8台をトヨタ車が占める | Motor-Fan[モーターファン]

日本国内の2022年10月の新車販売台数が発表された。
トップ10は次の通り(括弧内は前月比)。

【 1位】トヨタ・ヤリス/14,142台(133.5%)
【 2位】トヨタ・シエンタ/10,739台(242.8%)
【 3位】トヨタ・カローラ/9,753台(134%)
【 4位】トヨタ・ライズ/8,660台(213.1%)
【 5位】トヨタ・ルーミー/8,144台(116.4%)
【 6位】日産・ノート/7,603台(138.2%)
【 7位】トヨタ・ヴォクシー/7,201台(273.4%)
【 8位】トヨタ・ノア/7,166台(363.8%)
【 9位】トヨタ・アクア/7,007台(91.7%)
【10位】ホンダ・フリード/5,858台(93.9%)

全般的に、9月に引き続き販売数は上向いている状況の中で、私が購入した新型「シエンタ」は、10,739台を売り上げ、2位に入っているのに気付いた。

普段は、こうしたランキングに興味はないのだが、お店に行くたびに、担当営業さんから、「シエンタ」の納期がどんどん遅くなっている状況を聞いてはいたので、このランキングで、ようやく、実際にどのぐらい新型「シエンタ」が売れているかを初めて知れた感じだ。

1位の「ヤリス」との差は大きいが、この「ヤリス」には「ヤリスクロス」や「GRヤリス」も含まれているし、3位の「カローラ」にも「カローラクロス」や「カローラツーリング」「カローラフィールダー」「カローラスポーツ」が含まれていることを考えれば、「シエンタ」単独で2位というのは、かなり売れ行きがいいと言っていいのだろう。

あと、改めて驚くのが、ランキング10位までの中で、トヨタ車が8モデルも占めていて、上位独占状態であるということ。

しかも、詳しく数値を見てゆくと、「ヤリス」が1.5万台、「シエンタ」が1万台売れていて、「カローラ」は今月は一部改良に伴い受注停止もあり1万台を切ったが、普段は1万台を超える。

4位の「ライズ」も、ダイハツ「ロッキー」と合わせれば1万台を超え、5位の「ルーミー」も、10月は一部改良に伴う受注停止があり生産が減ったが、普段はダイハツ「トール」と合わせれば1万台を超える。

兄弟車である7位の「ヴォクシー」と8位の「ノア」に至っては、実は、合わせれば「ヤリス」より売れたことになる。

すなわち、トヨタ(系列のダイハツも含む)には、国内で、1万台以上売る車種が、実質6系列もあるということになる(軽の「タント」も含めれば7系統か)。

これを見ると、改めて、トヨタって途方もなく強いんだな、と感じざるを得ない。

SNSやYouTubeで、必死で、トヨタよりホンダや日産の方がいいと、必死で擁護する匿名の人たち(しかも、明らかに不公平な比較で)がたくさんいるのも、この状況を反映しているのかもしれないな(笑)

ちなみに、私は、新型「シエンタ」を気に入って買ったが、「トヨタ」というメーカーに深いこだわりや思い入れがある訳ではないので、ことさら「トヨタ」を持ち上げたい訳でもない。
それが証拠に、これまで乗ってきた車も、10年ごとに、日産→ホンダ→三菱→トヨタと、節操なく乗り替えてきた。

新型シエンタを買うのを決めるにあたっても、私自身の使い方に適しているかどうかしか興味がなく、他人にどれだけ売れようが、全く売れていなかろうが、気にもしていない。
むしろ、自分が気に入ってさえいれば、売れていない方が、納期も早いし、値引きも大きいから有り難いぐらいだ。

またなの三菱自動車?ウソにウソを重ねた「リコール隠し」の実情をクチコミで振り返る - 転職会議レポート

またしても「嘘」。呆れた三菱自動車の燃費不正 | 環境ビジネスオンライン

ただ、三菱のように、重大な嘘をつく体質のメーカーは嫌だな。
もう二度と買うことはないと思う。

関連記事:
新型シエンタ5人乗りのハイブリッドを選んだ理由:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
新型シエンタにまつわるアレコレ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

桂

Jelly2eはもしかして、unihertzから案内来た時は実質3?と期待しましたが、残念でしたが。
それはさておき、このブログに触発されて新型シエンタに興味が湧いてました。というのは、小生の場合、年に数回6名での移動があること、5名乗車で荷物をたくさん積んで移動する機会が多いことから、こうしたユーティリティの高さのある車には興味がありまして。実際に見に行きましたが、残念だったのが2列目が2分割だったこと。というのは我が家では、チャイルドシートを2個設置していて、その上で3列目にアクセスするのができないと。

と言いつつ、コンパクトで取り回しもいいし、魅力的ですよね。我が家の周辺でもどんどん見かけるシーンが増えてます。
by (2022-11-12 07:36) 

naniwa48

桂さん、こんにちは。
そうですよね。Jelly 2EのEって、Enhancedかと思って喜んだら、Economyだったんですから。

シエンタについては、HVは現在7か月待ちとも言われおり、あれだけ批判されたら、来年秋にはマイナーチェンジで電動パーキングブレーキを付けるのではないかと思うので、買うにしても、もう少し待った方がいいのではないかと思います。
今すぐというなら、フリードの6人乗りの方が、桂さんには合う気がします。
ただ、チャイルドシートが2つ必要な時期は長くないでしょうから、1つになる時期を待って、シエンタに乗り替える手もありますね。
by naniwa48 (2022-11-12 08:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。