SSブログ

新たなAndroid TV端末「Google Sabrina」 [ネット家電]

スポンサードリンク



2代目「Chromecast Ultra」というよりは4K版「Nexus Player」が出るみたい:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

以前、Chromecastの様な丸い形状で、Android TVを搭載した端末が出るらしい、ということを、本ブログで書いたが、いよいよ発売されるみたいで、詳しい情報が漏れ聞こえてきた。

4a535450-a53b-11ea-bccd-e28737d76b82.jpg

Google、楕円形の新Android TVドングルを準備中?専用リモコンも付属 - iPhone Mania

まず、製品の名称は「Google Sabrina」となり、デザインは、円形だった4K/HDR対応の「Chromecast Ultra」を少し引き延ばしたような楕円形の形状となり、複数のカラー展開が行われるようだ。

Chromecastは、基本、ユーザインタフェースを持たず、操作はAndroidスマホなどの他の端末で行い、その端末で表示されていた画面や、動画をChromecastにキャスト操作すると、Chromecastで画面表示や動画再生を行うだけのデバイスだった。

Google-Android-TV-Sabrina-Watermarked-Remote-1024x575-e1591211105803.jpg

「Google Sabrina」はそうしたChromecastの機能も持ってはいるが、Android TVを搭載し、付属のリモコンを使って、画面操作を行うことができる全く別のコンセプトの端末となった。

外観から、「Chromecast Ultra」の後継モデルのように見られがちだが、むしろ、以前Googleが発売していたAndroid TV端末「Nexus Player」をドングルの大きさに小型化した新製品と言った方が正しい。

発売時期については、まだ未定で、価格も未定だが、80ドル以下になるのではないか?と言われており、4K/HDR対応でもしこの価格なら、「Chromecast Ultra」と同等の値段で、Andorid TVのUIとリモコンが付いてくることになり、コストパフォーマンスは高そうだ。

そのほか、漏れ聞こえている情報としては、まだ次のことぐらいしか分かっていない。

・専用リモコンは、音声入力も可能で、Googleアシスタントも利用できる。
・HDRでは、Dolby Visionもサポートする。
・Amlogic社のSoCを搭載する

一番気になるのは、サポートされるアプリの範囲か。

「Nexus Player」や、中国製の格安Android TV端末は、アプリのサポート範囲が狭く、例えば、ソニーのAndroid TVでは「Amazonプライムビデオ」や「NETFLIX」などがプリインストールされていて使えるのに、それらのアプリがインストールできないAndroid TV端末は非常に多いのだ。

現在私が使っている「NVIDIA SHILED TV」は、比較的幅広いアプリが動き、「Amazonプライムビデオ」や「NETFLIX」も利用できたりするのだが、それでも、BRAVIAでは利用できる「TELASA」「Paravi」「FOD」「TSUTAYA TV」「アクトビラ」「バンダイチャンネル」「スカパー!on demand」あたりはインストールできないみたいだ。

「Google Sabrina」も、せめて「NVIDIA SHILED TV」並みのアプリが動いて欲しいところだな。

関連記事:
2代目「Chromecast Ultra」というよりは4K版「Nexus Player」が出るみたい:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。