SSブログ

フィリップスのハイブリッドアダプター「DLP7716C」を入手 [便利グッズ]

スポンサードリンク



フィリップスというと、1891年にオランダで誕生し、AV機器から家電品、医療機器、産業機器まで様々な製品を手掛け、戦前から戦後にかけての日本の大手家電メーカーのお手本となっていた総合電機メーカーだった。

今では、日本の総合家電メーカーと同様、昔の形では生き残れなくなり、民生機器は、ほぼ中国などのメーカーに作らせた製品を、自社ブランドを付けて売る商売が主体となってしまった。

日本では、シェーバーや電動歯ブラシではいまだにシェアを取っているが、もはや若い人にはあまりなじみがないメーカーかもしれない。

さて、そのフィリップスは、PCモニターをはじめとした周辺機器も作っていたことがあり、今でも、モバイルバッテリーなどでは、欧州を中心に一定のシェアを持っている。

19b46200-8455-11ea-b8eb-f283b025f894.jpg

<PHILIPS製最新>充電器とモバイルバッテリーが一体化したハイブリッドアダプター「DLP7716C」 誕生!|?三海株式会社のプレスリリース

<PHILIPS製最新!> 充電器とモバイルバッテリーが一体化したハイブリッドアダプター「DLP7716C」 【PD・QC3.0対応/3つの充電ポート/大容量10,000mAh/LEDディスプレイ搭載】 | AFUストア

そのフィリップスから、昨年春に、クラウドファンディングサービスGREEN FUNDINGを利用して、ハイブリッドアダプター「DLP7716C」という商品の企画化が行われた。

この商品、充電器とモバイルバッテリーが一体化したアイデア商品だ。

折り畳み式の電源プラグをコンセントに差し込めば、3つの対応規格が異なる充電ポートを備えた充電器として使える。

一つはUSB PD(Power Delivery)に対応したTYPE-C端子で、もう一つは、Quick Charge 3.0の高速充電規格に対応したTYPE-A端子、もう一つは通常の5V/2AのTYPE-A端子。
充電器モードは3台合計5V/4.8A(最大24W)までの出力に対応し、最大出力電流3A、一台への出力は最大30Wの高速充電も可能となっている。

さらに、単体で大容量10,000mAhのモバイルバッテリーとしても使える。
モバイルバッテリーモードでは、3台合計5V/3A(最大15W)までの出力に対応する。

重要なのは、電源プラグをコンセントに差し込めば、充電器として使いながらも、並行してバッテリーの充電も可能であること。

コンセントに直挿しできるモバイルバッテリ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ

過去に、マクセルなどから類似の商品は出たことがあったが、それは充電中は、モバイルバッテリーとしては使えないものだった。これは、充電しながら、モバイルバッテリーとしても使える点が優れている。

バッテリー残容量は、LEDディスプレイに%表示され、充電の状態もアイコンで表示される。

本体サイズは、84x84x36mmで、重量が約290gと、USB充電器としてみれば大きく重いし、10,000mAhのモバイルバッテリーとしてみても、大きく重いが、両方の機能を持ち、これ1台ですむとなれば、これはこれでメリットのある製品だと思う。

クラウドファンディングは、3,980円から募集があったのだが、つい参加し忘れ、その後の一般発売も、4,980円と言われていたが、なかなか発売されず、それが、先日、たまたまネットフリマで出品されているのを発見し、中古だからリスクもあったし、今すぐ使い道があるわけでもなかったが、送料無料の3,000円という値段に惹かれて、購入してしまった。

届いたら、詳しくレポートしたい。

関連記事:
秋葉原で購入したバッテリー内蔵ACアダプタ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ
コンセントに直挿しできるモバイルバッテリ:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ



ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。