SSブログ

第3世代iPhone SEなんてものが出てたんだな [スマートフォン]

スポンサードリンク



SE3_64GB_Midnight_XL.jpg

ロングセラー確実!?「iPhone SE」(第3世代)は買って損なしの圧倒的な安心感が魅力 - 価格.comマガジン

すっかり見逃していたのだが、第3世代の「iPhone SE」なんて商品が、2022年3月18日に発売されていたんだな。

気付かないも仕方ないと思うのは、2020年4月に発売された第2世代iPhone SEと、本体サイズもデザインも全く同じだからだ。

外観はそのままに、スマートフォンの心臓部であるSoCが、最新世代の「A15 Bionic」にアップグレードされているという。

また、「A15 Bionic」の5G対応機能も生かし、Sub6バンドのみでミリ波バンドは対応しないが、5Gにも対応した。

そもそも、iPhone SEというシリーズは、高すぎて発展途上国では売れないiPhoneを、できるだけ低価格で提供するために、こなれた既存のボディやチップをうまく使って作ったローエンドモデルだ。

Androidスマホも、最近は、低価格で5G対応モデルがたくさん出てきているため、アップルとしても、iPhone SEでも5G化することが必要になったのだろうと思う。

本体は、第2世代iPhone SEと同等なので、指紋認証のみで、顔認証には対応しないが、「Apple Arcade」のゲームも高画質なグラフィックが楽しめ、Neural Engineを使ったテキスト認識など、iPhone 13と同じ機能も利用できる。
カメラも、A15 Bionicのパワーを使った、「Deep Fusion」「スマートHDR4」「フォトグラフスタイル」というコンピューティショナルフォトグラフィー機能を利用でき、簡単に高画質な写真を撮影できるという。

5G対応は、iPhone 13と同じく「5Gオート」も搭載し、4G/5Gの実効速度を判断して、いい状態の通信に切り替えてくれる。
ただし、iPhone 13は4×4 MIMOなのに対して、iPhone SEは2×2 MIMOのため、5Gの通信速度は少し劣る。

価格は、アップルストアでの価格は64GBモデルが57,800円(税込)、128GBモデルが63,800円(税込)、256GBモデルが76,800円(税込)で、第2世代iPhone SEが出始めの頃と比べると、1万円高ぐらいか。

第2世代iPhone SEも、当面併売となるようだが、併せて、アップルとしては、主に発展途上国向けのローエンドモデルとして、ロングセラーとなりそうだ。

関連記事:
2台のiPhone SEをiOS 15.5へアップデート:トドのつまりは・・・ V2:So-netブログ





ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。